三井住友銀行カードローンはいくらから?千円単位から借り入れできる?

同行に本人の普通預金口座が存在すれば、ATMに加えて振込融資も可能になる三井住友銀行カードローンですが、いくらから借りられるという明確な決まりは存在しません。契約者ごとに設定された利用限度額の範囲内であれば、千円単位でも、1円単位だとしても、いくらでも借りられると考えてよいでしょう。
利用限度額を超えると、それ以上は借りられません。再び三井住友銀行カードローンでお金を借りるには、現在の借入残高を減らせば可能です。減らし方はとても簡単で、返済をするだけです。返済した金額分だけ、借入可能枠が復活する仕組みになっています。借入残高が利用限度額に達した状態で千円単位で借りるには、最低でも千円を返済する必要があります。
三井住友銀行カードローンの返済に関しては、千年単位という決まりはなく、借入残高によって一定額の支払い金額が決まります。1万円~50万円までの借入残高であれば、期日に1万円の返済が義務付けられます。50万円超~100万円以下なら1万5000円です。700万円超~800万円までだと毎月7万円の返済額に設定されます。
1万円未満の借入残高の場合だと、先月の確定日の時点における借入残高と、利息を合計した金額を支払うようになります。毎月やってくる期日に一定の金額を支払いますが、三井住友銀行カードローンであれば臨時返済にも応じてくれます。ATMやインターネットバンキングなどで行うことが可能で、素早く借入残高を減らしたいときに便利です。
三井住友銀行カードローンがおまとめローンとしておすすめの理由とは?はこちら