金を借りたい時の貸し借りマナー

お金を知り合いや親せきから借りる時にはマナーがあります。これを守らなければ関係を壊してしまう事になるので気を付けてください。

まず今すぐお金を借りたい理由を告げる必要があります。やはり貸す方からすればそのお金がどのように使われるのか知る権利がありますのでもしも聞かれた時には正直にその理由を伝えるようにしてください。借りる理由がギャンブルや浪費のためであってもウソをつくと後々対人関係が壊れる可能性があります。

お金を借りたい場合は必ず自分の方から相手の家に行くようにしてください。家に来てくれと言うのは相手に対して失礼ですし余裕があっても貸してくれなくなる可能性があります。

もしも貸してくれなかったとしても決して相手の悪口を言わず機嫌を悪くしてはいけません。もしも断られて態度を急変させてしまいますと所詮お金目的で自分に近づいてきたと思われてしまいます。自分の悪い評判が出回るでしょう。

自分の方から返済の期日や借り入れ希望額を伝える必要があります。また可能であれば利息のことも打診してみるといいでしょう。期日を設定しなければトラブルの要因となるので必ず決めなければいけません。

そもそもお金を知り合いから借りる事自体あまりいいことではありません。自分はきちんと返済するつもりがあっても不可抗力で返済できないこともあるからです。誰にも迷惑をかけたくないなら知り合いではなくキャッシングから借りるのがいいでしょう。