金融総量規制って一体何?

金融総量規制というのは、貸金業法と呼ばれる法律において定められている規制のことであり、内容としては、個人に対して貸し付けをする場合には、その人の年収の3分の1を超える金額であってはならないというものです。この場合の年収の3分の1という条件ですが、たとえば消費者金融業者の数社から借り入れをしている人であれば、1社ごとに3分の1を超えなければよいというものではなく、借り入れをしているすべての社をあわせた合計の金額が、年収の3分の1を超えるかどうかで判断されることになります。したがって、複数社から借りればこの金融総量規制を免れることができるというものでもないのです。
このような規制は、かつて消費者金融などからの借金をするにあたって、高金利のために毎月の返済ができなくなってしまい、まるで自転車操業のように、複数の会社から借り入れを重ねて、生活が破綻してしまうという事例が多くなったことから設けられたものであるといえます。いわば、無理な借り入れができないように、最初から年収の3分の1という足かせをはめてしまおうという考え方になります。
この金融総量規制に反して、個人の返済能力を超えるような多額の金銭を貸し付けた業者は、法律による罰則の対象となってしまうため、現在では新規の申し込みにあたっても、他社借り入れの金額などをつつみかくさず申告するように求められます。そのため、一方においてはお金が気軽に借りにくいという状況にもなっています。
参考サイト