借り入れしたい!ブラックでも絶対借りれるところはココ

最初に想像につくのが、闇金業者になります。ただしあまりおすすめできません。ブラックリストに入っている人であっても借りることができる貸金業者になりますが、事業が認められていないことで法外な金利で経営をしています。よって借り入れをすることで返済に苦しむことが容易に想像できるはずです。また最近は絶対に借り入れができると言われるほど、容易ではなくなっています。闇金業者でもしっかり審査を行っていますので、住所不定や働いていない人には借り入れが絶対とは言えない状況も考えられます。

絶対に借り入れができる事情というのは、そもそも難しいのが現状です。よって少し視点を掛けて、絶対にお金にする方法を考えることをおすすめします。その方法としてあるのが現金化です。クレジットカードを持っている人であれば、ショッピング枠を使って現金化をすることができます。またクレジットカードを所有していない場合は、携帯電話のキャリア決済を活用すると良いでしょう。ただ毎月の返済がありますので、計画的に利用しなければならない方法になることを忘れてはいけません。

また絶対とは言えませんが、貸金業者を中小にすることで門が開かれることもあります。貸金業者としてはお金を貸しださないと利益になりませんので、大手ではない貸金業者は比較的審査が甘くなると言われています。完全にブラックであっても、借り入れができたという人もいるくらいですので、対象のひとつにしておくことをおすすめします。

おまとめローンの審査に通らないときは

おまとめローンに申込をしたら審査に落ちてしまった…。一度落ちてしまいますと、もう他に申込をしても通らないんじゃないか、自分は利用できないんだと自信を失ってしまう方もいらっしゃいますが、そんな場合でも方法がないわけではありません!

【完済できるものは完済して借入件数を減らす】
複数ある借り入れのなかで優先順位をつけ、借り入れ残高の少ないものから優先して完済してしまいます。借入件数が減るのはもちろんのこと、完済したらすぐ解約をすれば完済実績が残りますから審査において有利となります。

【金利が低くて限度枠の大きなところで増額申込してみる】
複数ある借り入れのなかで比較的低金利で利用限度枠も高めなところがあるのでしたら、そこで増額申請をして他の残債の少ないものなどをまとめてしまうというのも一つの手です。また金利の引下げ交渉、という手もあります。こうした交渉は今まで返済が遅れたりなどせずきちんと返していることが大前提です。利用状況によっては逆にあらためて審査をされて、限度枠を小さくされてしまうということもありますので注意しましょう。

【希望通りの額にならなくてもとりあえず一部だけでもまとめる】
一度におまとめができなくても、複数あるうちの一部だけをおまとめしていくという方法もあります。おまとめ目的で銀行カードローンに申込をした方の口コミなどをみますと、「希望額が200万円だったのに100万円しか借りられなかった」、などといった書き込みがちらほらみられます。しかし低金利な銀行カードローンで枠をもらえたならば、一本化は無理でも一部だけおまとめして件数を減らすことができるわけです。利息負担も今までより多少は減るわけですし、一度には無理でもこれらを繰り返していくことで最終的には審査に通る可能性も高くなるのではないでしょうか。

ただし、おまとめローン比較にこだわるのがいいかどうか、というケースもあります。例えば信用情報に事故情報が載っていたり、また他社借入が5件以上あったりするというケース。もし、おまとめをしたとしても支払い続けられるかどうか…というのであれば、その場合には債務整理も合わせて検討した方がいいかもしれません。

絶対知っておきたい利息の計算方法

全てのカードローン共通です。

利息は同じようにして計算されていますのでどこを利用するにしても必ず覚えておきましょう。

そもそも利息とはなんであるのかから覚えておかなくてはなりません。

簡単に考えると、貸してもらっている金額に対しての手数料です。

元金に充当されることは一切なく、言ってみれば利息は利用しているカードローン会社に「あげている」金額です。

利息が発生すること、利息の計算方法はカードローン共通になります。

しかし利息を計算するための土台は違います。

金利、借入残高、利用日数に応じて利息が決まりますので人によってその金額はまちまちです。

利息を無料にすることもできれば、抑えることもでき、しかし反対に非常に大きな金額を支払うこともあります。

それでは利息の計算方法を確認してみましょう。

借入残高×金利÷年間日数(365日)×利用日数

どこのカードローンでも共通の計算方法です。

抑えることができる項目は3つあることがわかります。

年間日数は当然変えることができませんのでそれ以外の項目についてチェックしていきましょう。

「借入残高」

必要最低限の金額に抑えておかなくてはなりません。

それができていればむしろそれ以上節約ができない項目でもあります。

融資限度額が決まりその範囲は自由に借り入れができるのがカードローンです。

そのため、融資限度額=自由な金額として勘違いしてしまうことも少ないことではありません。

それが多重債務の始まりであり生活を困窮させることになるとは想像ができないかもしれません。

どうしても必要な時だけの借り入れに努めなくてはならないと同時に、借入残高は減らすものであって増やすものではないということを認識しておきましょう。

「金利」

唯一、カードローン業者選びの時にしか対策が打てない項目です。

金利の比較をするべき、それはよく言われることではありますが利用に応じて金利が変わるわけではなく上限金利が適用されることが多くなります。

そのため利用し始めた消費者金融、銀行カードローンの上限の金利が利息計算式の土台になるものとしていかなくてはなりません。

ちなみに消費者金融であれば大手消費者金融で18.0%、プロミス審査で17.8%、一般的な消費者金融が20.0%を上限金利としています。

一方銀行カードローンには大きな違いがあり、大手メガバンクで14.5%前後、利用条件が厳しいプレミアム銀行カードローンで10.0%前後、一部の銀行カードローンで18.0%が上限金利として設定されています。

「利用日数」

実は最も利息に大きな影響を与えるのが利用日数です。

利息の計算式を見てもわかるように、まずは一日分の利息を計算しそれに対して何日分の利息を支払うのかで利息が決まります。

例えば一日分の利息が100円だったとすれば1週間後に返済ができれば700円で済みますが、通常の月に一度の返済で30日後に返済をすると利用日数は30日となり3,000円が利息になるということです。

「返済は口座引き落としプラスインターネット」でもご説明しましたが、積極的な返済をする意味はここにあります。

利用日数を少しでも少ない段階で返済ができれば利息充当額が小さくなり結果、元金充当額が大きくなるという仕組みです。

利息の計算方法とその仕組みがおわかりになったでしょう。

返済額の内訳は元金充当額と利息に分かれています。

利息計算式に基づいて先に利息が計算されています。

そのため返済額の内訳として、利息が先に決まり、それ以外の金額が元金に充当されることになります。

同じ返済額でも利用日数を減らし利息を小さく抑えることができれば元金充当額の割合はおおきくなります。

また、利息充当額が同じでも返済額を大きくすればそれだけ元金に充当される金額が大きくなります。

元金と利息を考えた返済をしなければ借入残高はそう簡単には減ってくれないものです。

しっかりと理解しながら計画的に返済をしていきましょう。

金を借りたい時の貸し借りマナー

お金を知り合いや親せきから借りる時にはマナーがあります。これを守らなければ関係を壊してしまう事になるので気を付けてください。

まず今すぐお金を借りたい理由を告げる必要があります。やはり貸す方からすればそのお金がどのように使われるのか知る権利がありますのでもしも聞かれた時には正直にその理由を伝えるようにしてください。借りる理由がギャンブルや浪費のためであってもウソをつくと後々対人関係が壊れる可能性があります。

お金を借りたい場合は必ず自分の方から相手の家に行くようにしてください。家に来てくれと言うのは相手に対して失礼ですし余裕があっても貸してくれなくなる可能性があります。

もしも貸してくれなかったとしても決して相手の悪口を言わず機嫌を悪くしてはいけません。もしも断られて態度を急変させてしまいますと所詮お金目的で自分に近づいてきたと思われてしまいます。自分の悪い評判が出回るでしょう。

自分の方から返済の期日や借り入れ希望額を伝える必要があります。また可能であれば利息のことも打診してみるといいでしょう。期日を設定しなければトラブルの要因となるので必ず決めなければいけません。

そもそもお金を知り合いから借りる事自体あまりいいことではありません。自分はきちんと返済するつもりがあっても不可抗力で返済できないこともあるからです。誰にも迷惑をかけたくないなら知り合いではなくキャッシングから借りるのがいいでしょう。

三井住友銀行カードローンはいくらから?千円単位から借り入れできる?

同行に本人の普通預金口座が存在すれば、ATMに加えて振込融資も可能になる三井住友銀行カードローンですが、いくらから借りられるという明確な決まりは存在しません。契約者ごとに設定された利用限度額の範囲内であれば、千円単位でも、1円単位だとしても、いくらでも借りられると考えてよいでしょう。
利用限度額を超えると、それ以上は借りられません。再び三井住友銀行カードローンでお金を借りるには、現在の借入残高を減らせば可能です。減らし方はとても簡単で、返済をするだけです。返済した金額分だけ、借入可能枠が復活する仕組みになっています。借入残高が利用限度額に達した状態で千円単位で借りるには、最低でも千円を返済する必要があります。
三井住友銀行カードローンの返済に関しては、千年単位という決まりはなく、借入残高によって一定額の支払い金額が決まります。1万円~50万円までの借入残高であれば、期日に1万円の返済が義務付けられます。50万円超~100万円以下なら1万5000円です。700万円超~800万円までだと毎月7万円の返済額に設定されます。
1万円未満の借入残高の場合だと、先月の確定日の時点における借入残高と、利息を合計した金額を支払うようになります。毎月やってくる期日に一定の金額を支払いますが、三井住友銀行カードローンであれば臨時返済にも応じてくれます。ATMやインターネットバンキングなどで行うことが可能で、素早く借入残高を減らしたいときに便利です。
三井住友銀行カードローンがおまとめローンとしておすすめの理由とは?はこちら

金融総量規制って一体何?

金融総量規制というのは、貸金業法と呼ばれる法律において定められている規制のことであり、内容としては、個人に対して貸し付けをする場合には、その人の年収の3分の1を超える金額であってはならないというものです。この場合の年収の3分の1という条件ですが、たとえば消費者金融業者の数社から借り入れをしている人であれば、1社ごとに3分の1を超えなければよいというものではなく、借り入れをしているすべての社をあわせた合計の金額が、年収の3分の1を超えるかどうかで判断されることになります。したがって、複数社から借りればこの金融総量規制を免れることができるというものでもないのです。
このような規制は、かつて消費者金融などからの借金をするにあたって、高金利のために毎月の返済ができなくなってしまい、まるで自転車操業のように、複数の会社から借り入れを重ねて、生活が破綻してしまうという事例が多くなったことから設けられたものであるといえます。いわば、無理な借り入れができないように、最初から年収の3分の1という足かせをはめてしまおうという考え方になります。
この金融総量規制に反して、個人の返済能力を超えるような多額の金銭を貸し付けた業者は、法律による罰則の対象となってしまうため、現在では新規の申し込みにあたっても、他社借り入れの金額などをつつみかくさず申告するように求められます。そのため、一方においてはお金が気軽に借りにくいという状況にもなっています。
参考サイト